「2007 アメリカ買い付け旅行記・番外編その3」

「2007 アメリカ買い付け旅行記・番外編その3」をお送りしたいと思います。

旅といえば「食」。

とはいっても、別段高級なレストランに行ったりするわけではありません。お手頃価格で美味しい物に出会わないかなあという、かなりいい加減なんですけれど(苦笑)、そんなものを求めて取り合えず何でも食べてみる感じです。

しかし今回はホテルと「I-X CENTER」を往復する間に、レストランはないし、コンビニもないしといった環境。

昼食は必然的に「I-X CENTER」でしか摂る事が出来ない為、会場内にあるスナック・スタンドで食べるのですが、今回助かったのは前にも書きましたが種類が色々あったことですね。おかげで毎日違う物が食べられて飽きずにすみました。

一応ホテルの中に1箇所だけレストランがあり、朝、昼、晩とそこで食事が出来るようになっていて、ホテルのワリに値段もリーズナブル。・・・なのに、あまり人がいない・・・。

実は渡米する前に、このホテルの評価が書かれているHPを観たんですよ。そしたら「ブレックファーストのソーセージがまずい」という書き込みがあって、それを読んでいたので「料理が美味しくないから人が少ないのか・・・」という思いが一瞬頭を過ぎりました。

でもここで食べるしかないし、そんなにまずいソーセージなら食べてみたいというチャレンジャー精神もあり(苦笑)、早速翌朝ブレックファーストに挑戦してみました。お味の方は特に問題はなかったですね、ソーセージ以外は(苦笑)。ソーセージは確かにまずいわ。だってソーセージってしょっぱい物ってイメージがあるでしょ?なのに食べたら何故か?シロップみたいに甘かったんですよ。視覚から飛び込んでくるソーセージのイメージと味のギャップが真逆なので衝撃的でしたね。

それからここのホテルのハンバーガーはとても美味しかったです。渡米前、禁断症状のように無性にハンバーガーを欲していた「ハンバーガー・ジャンキー」の私と副店長が、2人とも声を揃えて美味しいと言ったくらいですから、間違いなく美味しいハンバーガーだったと思います。

ここのハンバーガーは、まずハンバーガーを注文します。しかしそれだけではただの(トマトとレタスの入った)ハンバーガーが来てしまいますので、25セントを追加してオプションでトッピングを加えるというシステムになっています。

私はその中からフライドマッシュルーム、ハラペーニョ、ベーコン、チェダーチーズをチョイスして作ってもらったんですけれど、バンズが独特でパティの厚みもあり、全部重ねたら結構な高さのハンバーガーになってしまいましたけれど、本当に美味しかったですね。私は2回も食べてしまいました。

あとはスパイシー・チキン・ウィングスも美味しかったですね。これも定番メニューですが、辛く味付けされた手羽先にブルー・チーズのソースをつけて食べます。お店によって味も辛さもマチマチですが、ここのは好みにピッタリで、これ1品で何杯でもビールが飲めてしまいそうでした。

あーっ、書いていたら無性にまた食べたくなってきた(苦笑)。

毎日こんな感じの高カロリーな食事を摂っていたにもかかわらず、帰ってきたら痩せていたというのがナゾですが、それくらいよく歩いたということなのでしょうか?恐るべし「The National」ということで、ダラダラと続きました「2007 アメリカ買い付け旅行記」の締めにしたいと思います(笑)。

長々とお付き合い下さいました皆様ありがとうございました!

Banner2

ランキングに参加しています。クリックにご協力下さいませ



プロフィール

          
記事数:1020
最終更新日:2020/09/17

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

最近の投稿

カテゴリー

バックナンバー

リンク

サイト内検索

others

mobile

qrcode