「アメリカ買い付け旅行記・その2」

昨日から暑いですね!群馬県では38.6度を記録したとか。まさに殺人的な暑さですね。クールビズ?熱中症で死人が出てしまいます。どうかご無理をなされないよう、皆様のご健康を心よりお祈りいたしております。

さて「アメリカ買い付け旅行記」のその2をお送りしたいと思います。今日は前文と同じく暑さにまつわるお話です。

アメリカについた日は旅の疲れもあり、翌日からはじまるレセプションとショーに備えて早めの就寝となりました。

そして次の朝、時差ぼけなのか?ただ単に習慣になっている寝酒をしなかったからか?早く目が覚めてしまったので、いつもはとらない朝食を食べながら今日のスケジュールを副店長と相談。レセプションがはじまるのは15時から。それまでにはかなりの時間がある。さてどうするか?

しかしここはありがたいことにアナハイム。アナハイムといえばディズニーランド。副店長のかねてからの希望によりディズニーランドに遊びに行くことと相成りました。

Photo_18 「せっかく行くなら行ったことのない方に」っというわけで「カリフォルニア・アドベンチャー」に入園。中はそんなに広くはないんですけれど、映画で言う「カキワリ」とかあって別の意味で妙に感心してしまった。

開園直前だったために結構空いてましたね。人気のアトラクションとかでも、5分くらいの待ち時間で乗れました。がそれはもちろんお昼前まで。当然のごとく12時を過ぎる頃には待ち時間45分なんて当たり前の長蛇の列が出来ていましたね。

実は私は東京ディズニーランドに行ったことがないんですけれど(苦笑)、確か夏休みとかもっと待ち時間が長いんですよね?

Photo_19

私と副店長が結構お気に入りだったのがこの「HOLLY WOOD TOWER HOTEL」。中がオバケ屋敷になっていて、この建物の中を「フリー・フォール」みたいにあがったり落ちたりする。私は危ないことに(苦笑)、左手はバーを握っていたものの、右手はバックパックを持ったまま。落下するたびに無重力状態となり、右手が勝手に浮き上がりバックパックが宙を舞うという(笑)。それがミョーにおかしくてハイになり笑いが止まりませんでした。

あとは「バグズライフ」の3Dアトラクションも良かったですね。

・・・と、「カリフォルニア・アドベンチャー」の紹介はこのくらいにして、本題はここからです。

私は絶叫系のアトラクションが苦手な為、副店長が1人でローラーコースターに乗りに行った時のこと。空はぴーかんの青空で日差しはガンガン照り。日陰を探すもみんな考えていることは一緒で何処も隙間なし。しょうがなく副店長が出てくるまでの約15分の間日向で待つことに。

しかしその暑さたるやキャップを被っているにもかかわらず、頭がボーっとして脳みそが溶けそうな感じで頭痛はするし、肌はジリジリとするのを通り越して痛い!そして副店長のバッグに付いていた金具がふと肌に触れたとたん「アチー!!」。

そうして副店長が戻ってくる頃には、こんがりと良い色に焼きあがった私の出来上がり!てなもんです。やれやれ・・・。

ところがこの後ある異変に気づいたのでした。それは汚い話ですが「尿が出ない」のです。いくら水を飲もうがトイレにも行かず汗もかかず、飲んだ水は何処へやら?って感じだったのですが、後でよくよく考えてみたら脱水状態だったんですねえ。

それもそのはず。カリフォルニア州はその時熱波に襲われていた最中で、なんと最高気温48度!!約130人の方が亡くなられたり山火事が発生したりと、結構大変な状況だったようです。もっともそんなことは後から分かったことですが。

昨日Blogに書いた「ガロンで買った水が後に大きな意味を持つことになった」とはこのことで、その後帰国するまでいつもの旅行ではありえない勢いでタンクの水が消費されていったのでした。

―以降、その3に続く

Banner2_241 ランキングに参加しています。クリックにご協力下さいませ。


「アメリカ買い付け旅行記・その1」

いやー今日もやはりバタバタと時間が過ぎてしまいました。一体いつになったら落ち着くのだろう?と思いつつBlogを書いております。

さすがにそろそろ「アメリカ買い付け旅行記」を書き始めないとマズイだろうということで、今日は第1回をお送りしたいと思います。

実は今回の買い付け旅行は飛行機の都合で関空発ではなく、伊丹⇔成田⇔LAというルートでの移動でした。

家を朝の5時30分くらいに出発して、成田に着いたのが9時30分くらいだったかな?そして空港で両替と保険に加入して出発準備完了。がしかし、LAに向かう飛行機は16時過ぎ。待ち時間およそ7時間・・・はてさて一体何をして時間を過ごそうか?と考えた結果、まずは新しくなった成田第一ターミナルを散策することに。

ユニクロやTSUTAYA等など結構大きなお店が入っていますね。取り合えずユニクロには用がないのでTSUTAYAに入ってみましたが・・・品揃えが薄い・・・。旅先でPCでDVDを観ようと思っていたのですが観たい物が何もない。「それでは何か読むものを」と思って書籍のコーナーに行ってみたものの、これまた欲しい物が見つからず、結局私は何も買わずじまいで、買い付け旅行に同行した当店副店長も昔からある本屋さんで購入していました。お店のスペースは広いんですけれどねえ・・・。

そうこうしているうちに腹時計がお昼ご飯の時間になり飲食街へ。こちらもいろんな料理のお店がいっぱいあってウロウロ、キョロキョロと、あちらこちらのお店を覗いては「どうしよう、どこ入る?」と悩みまくる。がしかし悩んでみても結果はいつも同じ。結局中華料理のお店で必ずラーメンを食べる(苦笑)。

美味しくラーメンをいただいて満足満足。腹ごしらえを終えた後、小さな買い物をいくつかしてもまだ時間があり「さあーて、どうするか?」と悩むこと数分。アメリカの知人へのお土産を忘れてた!というわけでお土産探しへ。しかしここでも何を買うか迷う迷う。いつも思うんですけれど、アメリカ人って一体何を貰ったらうれしいんでしょうかね?迷いに迷った末にやっとお土産を購入した時には、なんともうチェックインが出来る時間になっておりました。

そして飛行機に乗り込んで「いざ買い付けの旅へ!」・・・がここでもまたおかしなことが・・・。食事の時間になり胸に「日本語OK」のバッチをつけたCAさんがエサ(食事の意)を運んできてくれたときのこと。日本語で「どちらにしますか?」と聞いておきながら「じゃあ××をお願いします」と答えると、何故か?返事は英語で返ってくる。「あれ?英語で話さなきゃいけないのか???」と思って英語で答えると、今度は日本語が返ってくる。えーい、日本語をしゃべるのか英語をしゃべるのかどっちかに決めてくれ(笑)。そして結局飛行機がLAに着くまでちんぷんかんぷんなやり取りが続いたのでした。

おまけにLAに着くまでの約10時間の間珍しく一睡も出来ずじまい。

そしてLAの空港から「The National」が開催されるアナハイムのホテルに着いたのがお昼の12時過ぎだったかな?が15時にしかチェックイン出来ないとのこと。またもや「はて?どうやって時間を潰すか?」と思案した結果エンジェルス・スタジアムに行くことに決定。とはいっても別にゲームがやっているわけではなく、チームストアを覗きに行っただけなんですけれど(笑)。それなりに面白かったですね。時間も潰せましたし。

そして15時になってやっとチェックイン。その頃には身体はバテバテ、頭はクラクラ。がしかししかしまだやらねばならないことがあるんです。それは「水を確保すること」。近所のコンビニに早速買出しへ。長期滞在のため、もちろん買うのはリットルではありません。ガロンです。ガソリンかい!って感じです(笑)。

がこれが後に大きな意味を持つことになるとは、その時はまだ想像もしていなかったのでした。

―以降、その2へ続く

Photo_17

エンジェルス・スタジアムの入口。ディズニーが以前球団を所有していたせいか?なんだかとってもかわいらしい感じです。チームストアーはどちらかというとアパレル類がメインです。以前より「エンジェルスのパーカーが欲しい!」と言っていた当店副店長は早速パーカーを物色しておりました(苦笑)。でも、パーカーだけでも何種類もありましたね。エンジェルスファンの方なら目移りしそうなくらいの品揃えなんじゃないでしょうか。

Banner2_240 ランキングに参加しています。クリックにご協力下さいませ。


「ドジャー・スタジアムで見た奇妙な光景」

先日渡米した際にどーしても行きたい場所がありました。それは

ドジャー・スタジアム。

「なーんだ」ってお思いのことでしょう。しかししかし、滞在期間と宿泊場所、そしてスケジュールを考えるとそう簡単なことではなかったのですよ。わずか3日間の滞在だったのですが、目の前にある大きなショッピングセンターに行くこともなかなかままならない。「近くて遠いショッピングセンター」と呼んでおりましたが(笑)、そういう状況の為、ドジャー・スタジアムなんてとてもとても・・・。

と思っていたら叶いましたよ念願が!急遽ドジャー・スタジアムに行ける事になりいざ出発!!まあ、といってもシーズンオフだから行って何があるってワケじゃないんですけれど、何ていうかなあ・・・近くにいるのなら行きたいというムシが騒ぐというか。いいんです、ドジャー・スタジアムに行ければそれで幸せだからってそれだけ(笑)。

いつものごとく球場の一番上にある「トップ・オブ・パーク」に向かう道中、なんかいつもの見慣れた景色とは違う奇妙な光景が・・・駐車場にロープが張ってあり、よく運動会なんかの時に使うテントが建てられている。そしてその前にずらーっと何かの物体が駐車場に狭しと並べられている。なんだろ?

そして最上階のショップに着いて、ドジャー・スタジアムの綺麗な景色を見ようと思ったら、なんとシートで覆われていて、一切なんにも見えない。シートの向こうでは重機の音が・・・。そうなんです、現在ドジャー・スタジアムは改装中なのです。

そこで先程の駐車場に並べられていた物体。実は球場からぜーんぶ取り払われた「観客席」だったのです。そして何故テントが張られているかというと、全ての椅子はそこで販売されていたのです。価格は一脚$50(全ての席種かどうかは不明)。

ここでまた、悪い虫が・・・

「あの椅子欲しい!日本に持って帰りたい!!」

しかしここで問題が。

「どうやってあれを持って帰るか!?」

飛行機に乗せるか?送るか?どう考えても飛行機の預け荷物にするには無理があるし、送るとなるとこれまたどう考えても椅子代より送料の方が高くつく。ハテ?どうしようかなあ???と心の中はすっかりご購入状態

そこへ同行していた当店副店長が一言。

「あんなこ汚い椅子買ってどうすんの?絶対無理やし!」

と一瞬にして「ご購入希望」を却下され、後ろ髪を引かれながらドジャー・スタジアムをあとにしたのでした。

 

自分の部屋にドジャー・スタジアムの椅子があるなんて想像しただけでワクワクしてしまいますが・・・そう言ってみても全てはあとの祭りですが。

ああ、あの椅子たち今頃どうしてるかなあ?

1_9

シートが張られてなければ、こんな美しい景色を見ることが出来る。今回は残念!まだドジャー・スタジアムに行ったことのない方のためにご参考まで。

(クリックすると画像が拡大されます)

Banner2_60 ランキングに参加しています。クリックにご協力下さいませ。



プロフィール

          
記事数:1020
最終更新日:2020/09/17

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

最近の投稿

カテゴリー

バックナンバー

リンク

サイト内検索

others

mobile

qrcode